蚊の幼虫の駆除に有用な標的蛋白質SCP-2を発見

 米国Wisconsin-Madison大学は、9月10日、マラリア、デング熱、ある種の脳炎、黄熱病、西ナイル熱などを媒介する蚊を駆除するための、新たな、より標的を定めた方法の開発において非常に有望な標的蛋白質、SCP-2を発見したと発表した
 通常、蚊の駆除には殺虫剤が用いられるが、殺虫剤は環境の他の生物にも害を与える可能性がある。蚊に特異的な殺虫法を捜していた、同大学の昆虫生理学者Que Lan氏らは、蚊のコレステロール代謝の特異性に注目した。コレステロールは、脊椎動物と非脊椎動物の細胞膜を構成する重要な成分だ。蚊は、発生、成長、卵形成にこれを必要とするが、ヒトとは異なり、コレステロール合成系を持たない。浅い水中で生活する幼虫期に、腐った植物を食べてフィトステロールを摂取する。フィトステロールは、蚊の腸でコレステロールに換わる。この過程を阻止すれば、ボウフラは死ぬはずだ。
 研究者たちは、ネッタイシマカ(Aedes asgypti)を用いて、コレステロールを蚊の細胞に運ぶために必須の蛋白質AeSCP-2を発見した。AeSCP-2は、ステロール運搬蛋白質で、疎水性のコレステロールを血液や細胞液などの液体中を運ぶ際にシールドとして機能する。この蛋白質の作用を阻害する蛋白質を捜すために、氏らは16000の化合物をスクリーニングし、SCP-2のコレステロール結合能力を阻害できる化合物を57個選出した。上位5つの化合物を蚊の幼虫に用いたところ、いずれも幼虫を殺すことができた。効果は用量に依存し、使用濃度が高ければより多くの幼虫が死んだ。が、その濃度は最高でも10ppmだった。氏らは現在、SCP-2阻害化合物の、多様な昆虫や脊椎動物に対する作用を調べている。マウスの細胞を対象とした場合には、5つの化合物のうち3つは無毒で、残りの2つもわずかな毒性しか持っていなかったという。さらに、ハエ、ゴキブリ、シロアリ等の害虫を対象とする評価も行っている。環境試験や分解試験はこれから行われるが、残留時間が2-3週と短いものが理想だと氏はいう。
 氏は「耐性昆虫の出現や他の生物への影響を防ぐためには、1種類の昆虫にのみ有効で、効果が短期間で消える化合物を捜し出すことが重要だ」と述べた。
[PR]
by saru3toru | 2004-09-17 10:22 | 科学情報
<< 食欲抑える脳内物質が新たに確認された 好酸球がぜんそく治療のターゲット >>