インフルエンザ脳症・ライ症候群関連・感受性遺伝子を同定

インフルエンザ脳症と、インフルエンザや水痘に罹患した小児にアスピリンなどの解熱剤を服用させたときに生じるライ症候群の感受性遺伝子の同定に、徳島大学分子酵素学研究センターと大塚製薬NBC遺伝子解析センターのグループが成功し、近く論文発表する。またその内容は2月28日に東京で開かれる「ウイルス感染とその戦略的防御」公開シンポジウムで発表される予定である。

木戸教授は「インフルエンザ脳炎・脳症の感受性にかかわる遺伝子多型の解析研究」の結果、「インフルエンザ脳症とライ症候群が多くの点から考えて、同じ原因から発症していることが明らかになった」と述べた。木戸教授はダイヤモンドコーティングの高度集積DNAチップやたんぱく質チップを開発しており、「同定した感受性遺伝子を検出する血液検査薬の開発に応用したい」と考えている。

ライ症候群はインフルエンザや水痘にかかり、高熱を出している小児にアスピリンやボルタレンなどの解熱剤を服用させたときに現れる症状。嘔吐や意識障害、肝臓障害や低血糖が起こる死亡することも珍しくない。日本国内では年間40人の小児が死亡していることから、インフルエンザや水痘が疑われる15歳未満の小児には、アスピリンの処方(医師が患者に服用を指示すること)が禁忌となっている。感受性遺伝子が明らかになれば、こうした死亡する小児を減らすことができるはずだ。
[PR]
by saru3toru | 2005-02-22 21:25 | 科学情報
エストロゲン阻害剤との併用でイ... >>