緑茶を飲むと持久力が高まる

 カテキン豊富な緑茶抽出成分(0.2%-0.5% [w/w])を10週間投与したマウスは、与えた緑茶抽出成分量に比例して運動持続時間が改善するということです。0.5%の緑茶成分が投与されたマウスでは運動持続時間が24%上昇した。

 これは花王の研究者らが2004年11月24日のAm J Physiol Regul Integr Comp Physiol誌に発表した研究成果です。
 緑茶抽出成分は骨格筋の脂肪利用を促進して、炭水化物の利用を抑制し、運動持続時間を延長させているということです

 人間に換算すると、体重75kgの運動選手が毎日0.8リットルの緑茶を飲むと今回と同じような持久力の向上が期待できる。
 すでに緑茶好きのマラソン選手にはもう効き目がないのでしょうか。
[PR]
by saru3toru | 2005-01-31 21:25 | 科学情報
<< 体によくないハンバーガー、分子... Manchester大学とLo... >>