体内時計遺伝子ネットワーク

 山之内製薬の創薬研究本部分子医学研究所と、理化学研究所の神戸研究所は1月24日、ほ乳類において体内時計を支える、遺伝子ネットワークの中核をなす仕組みを解明したことを発表した。

 体内時計は、体内に昼夜の時間的リズムを作り出す仕組みで、朝転写される遺伝子が9個、昼が7個、夜が6個の全16遺伝子が関わっていることが、これまでの研究で明らかになっていた。今回の研究で、それぞれの時間帯の遺伝子群が、単独で転写され働くのではなく、回路のような転写ネットワークを組み、お互いを制御しあっていることが、新たに分かったという。

 さらに、マウスとヒトでは、このシステムが完全に保存されているという。同じく体内時計の研究が盛んに行われている、シアノバクテリアとの比較について、「光合成をするシアノバクテリアと、ほ乳類との類似点はほとんど無く、全く異なるシステムを持っていることも分かった。系統をさかのぼって考えた場合、同じ祖先から体内時計システムを獲得したとは考えにくい」と、理研発生・再生科学総合研究センター、システムバイオロジー研究チームの上田泰己チームリーダーは話している。

 この研究と薬の関係について、山之内創薬研究本部分子医学研究所、ゲノム創薬研究室の橋本誠一主席研究員は、「薬がどの時間帯に一番効果があるのか、また副作用が少くて済む時間帯の有無、などを我々が理解するための、スタートラインに立ったと思う。さらに詳しく解明されれば、薬の処方で『投薬時刻』の要素も加わってくるのでは」と語った。

 今回の研究は、新エネルギー産業技術共同開発機構(NEDO)の、「細胞内ネットワークのダイナミズム解析技術開発」プロジェクトにて行われたもので、近畿大学や東京大学、産業技術総合研究所も協力している。また、この研究成果は、1月23日付のNature Geneticsオンライン版に掲載された。
[PR]
by saru3toru | 2005-01-24 21:42 | 科学情報
<< Manchester大学とLo... ネズミが言語聞き分けた!? >>