注意欠陥多動性障害の原因は内分泌かく乱物質?

 産業技術総合研究所ヒューマンストレスシグナル研究センターと国立環境研究所は、生後5日目に脳内にビスフェノールAなどの内分泌かく乱化学物質を投与されたラットは、4、5週齢に成長した時に通常のラットに比べて行動に落ち着きがなくなることを確認した。ラットの4、5週齢は、人間では小学生程度の時期に当たるという。

 ヒトでは、行動の落ち着きのなさ(多動性)を示す疾患として、注意欠陥多動性障害(ADHD)、自閉症などの広汎性発達障害(PDD)がある。これらの疾患の患者にドーパミンの神経への取り込みを阻害する作用を持つリタリンを投与すると、多動傾向を抑制できることが知られている。そこで研究チームは、ドーパミン神経の発達に化学物質が及ぼす影響に注目して研究を進めた。

 ビスフェノールA、0.2マイクログラムを生後5日目のラット(体重約10g)に投与したところ、ラットは4から5週齢に成長した時に、投与しないラットに比べ自発運動が増えて落ち着きがなくなっていた。他のフェノール類、フタル酸エステル類の化合物を投与した場合にも多動の傾向が見られた。組織学的解析によると、ビスフェノールA、ノニルフェノール、p-オクチルフェノール、フタル酸ジブチルにドーパミン神経の発達阻害作用があることが分かった。

 これらの化学物質による脳での遺伝子発現を解析したところ、各化学物質で発現パターンは異なっていたが、8週齢のラットで、ドーパミン・トランスポーター1遺伝子とドーパミン受容体D4遺伝子の発現が上昇していた。ヒトADHD患者脳でも、これらの遺伝子の発現亢進が認められており、内分泌かく乱化学物質を注射されたラットと、ADHDの患者は分子レベルで類似している可能性がある。

 今回の結果は、母乳や食事に含まれる内分泌かく乱物質が脳神経の発達に悪影響を及ぼす可能性を示すものであるが、今後、産総研、環境研では、環境庁で「内分泌かく乱作用を有すると疑われる」とされた化学物質67種類の化合物全てについて、脳神経への作用を調べることを計画している。
[PR]
by saru3toru | 2004-08-26 09:08 | 科学情報
<< 双日ジーエムシー、動脈硬化測定... 持久力2倍マラソンマウス 米韓... >>