トリインフルエンザのブタへの感染

b0013356_965852.jpgトリインフルエンザウイルスは既にアジアで2億羽以上の鳥を殺し、25人以上の犠牲者を出している。20日、北京で開かれた鳥インフルエンザ対策などに関する国際シンポジウムで中国農業省のChen Hualanは、2003年と2004年に中国のいくつかの農場で、高病原性のH5N1型ウイルスがブタに感染していることが確認されていることを報告した。
ブタはヒトインフルエンザにも感染することができるため、もしもブタがヒトインフルエンザウイルスとH5N1型トリインフルエンザウイルスに同時に感染すると、ブタの体内でウイルス遺伝子の組換えが起こり、ヒトに感染力がありH5N1型と同様の高病原性を持つインフルエンザウイルスが生み出される可能性がある。
もしかすると、トリインフルエンザがヒトの間で流行する日は思っているより近いのかもしれない。
[PR]
by saru3toru | 2004-08-24 09:05 | 科学情報
<< 文科省、民間企業で初めて国産E... 乳酸は運動に必要 >>