乳酸は運動に必要

 一般に、強い運動を続けると筋肉に乳酸がたまり、その結果筋肉に痛みを感じたり筋肉がつったりすると考えられている。
しかし、デンマーク、University of AarhusのOle Nielsenらは、乳酸は逆に筋肉が疲労して働けなくなるのを防ぐ役割があるという実験結果をサイエンスに報告した。
 強い収縮を繰り返すことにより、もともとは細胞内に高濃度に存在するカリウムイオンが細胞外に流出する。カリウムイオンが細胞外に流出すると筋肉の収縮能が低下するが、乳酸はこのカリウムイオン流出による収縮能の低下を抑える働きがあるらしい。
 運動選手が最高の運動能を発揮するのにウォーミングアップが必要なのは、ウォーミングアップにより筋肉に乳酸が蓄積することによるのかもしれない。
[PR]
by saru3toru | 2004-08-23 08:50 | 科学情報
<< トリインフルエンザのブタへの感染 数の概念には言語が必要? >>