低炭水化物食が内臓脂肪を減少させる

内臓脂肪の蓄積は、メタボリックシンドロームと呼ばれる症状を引き起こし、糖尿病、動脈硬化の原因となる。運動をすることとダイエットが最も大事な治療方法であるが、炭水化物を極度に減らしたダイエットが、内臓脂肪の減少に有効であることが明らかにされた。フリージャーナルである"Nutrition & Metabolism"に紹介されている。
[PR]
by saru3toru | 2004-11-16 07:19 | 科学情報
<< 原人は長距離を走れた…米の研究... 今度はニワトリ・コレラ >>